デザイナー・クリエイターの求人は【Job Stage】

クリエイティブ業界・デザイン業界専門の求人情報サイト「ジョブステージ」

カメラマンとフォトグラファーの違いってありますか?

写真撮影の仕事をしている人は、基本的には「カメラマン」と呼ばれているのが通常ですが、最近は「フォトグラファー」と、呼ばれたりするのが普及しつつあります。言葉の定義上は明確な意味合い、役割の差がはっきりとあるわけではありません。
日本の撮影に関する業界で、映像を撮る仕事の方は「カメラマン・ムービーカメラマン」と呼ばれています。それに対して「フォトグラファー」と呼ばれる方は基本的にはスチール写真の撮影をメインに仕事をしている人の事を意味する事が多いです。言葉の意味が同じでも業界によって立ち位置によって職種名を使い分けていることがポイントです。

アートとして写真を撮影する場合

商業写真の撮影でなく、アート・芸術作品として写真を撮影している人はカメラマンでなく、フォトグラファーと呼ばれている事が多く、海外では特にフォトグラファーと呼ばれています。

デジタル一眼レフカメラの進化とともに

撮影業界では、デジタル一眼レフカメラの進化の背景に、映像を業務用デジタルビデオカメラでなく、デジタル一眼レフカメラで撮影する仕事も増えています。それまでは「写真」を撮影するカメラマンと、「映像」を撮影するカメラマンと明確な線引きがありましたが、近年「写真・映像」共に撮影するカメラマンも活躍しています。

デザイナー・クリエイターの為の転職・求人情報サイトJob Stage

クリエイティブ業界・デザイン業界の転職・求人情報サイトです。デザイン・広告業界、WEB業界、フォトグラファー業界、編集・出版業界、映像業界、ゲーム業界、プロダクトデザイン業界、建築・インテリア業界 等の求人情報を掲載中!専門のプロフェッショナルの為に求人情報を毎日更新で掲載しています。御陰さまでジョブステージは2005年6月1日より運営を開始し、2015年で運営11年目を迎える運びとなりました。各業界のお仕事をお探しの方は、ジョブステージをどうぞご利用ください。

併せて読みたいキャリアプランガイド!

デザイナー・クリエイターとして活躍したい方へ、就きたい職業が見つかる!業界未経験者でもプロフェッショナルになる為に、業界のトレンド・転職活動に関するトピックやニュースを紹介!プロとして活躍している方は将来を見据えてキャリプランをどう考えて行くか?デザイナー・クリエイターのキャリアプランガイドはこちらから!

 >   >   >  カメラマンとフォトグラファーの違いってありますか?

デザイナー・クリエイターの就職・転職希望の方へ

求人サイト会員登録。デザイナー・クリエイターの為の就職・転職活動の情報を配信!

デザイナー・クリエイターの求人広告掲載希望の採用担当様ページ

求人広告 掲載希望の人事・採用担当者様へ。
求人情報の掲載お申し込みはこちらから。

Job Stage Twitter公式ページ
Job Stage facebook公式ページ