WebデザイナーとWebクリエイターの違い


WebデザイナーとWebクリエイターの違い

Web業界は日々進化しています!

高い技術やクオリティが求められるWeb業界。最先端の技術に触れながら自身のスキルが磨けるとして、Web関連の職種に憧れを抱く方は少なくありません。実際現場では、その仕事内容や求められるスキルの幅が広く、様々な分野のプロフェッショナルが多数存在しています。そのなかでも、WebデザイナーとWebクリエイターは混同されやすく、互いの業務内容が曖昧になりつつあります。

2つの職種の違い

実際のことをお話しますと、これら2つの職種に明確な定義はありません。ただし、WebデザイナーとWebクリエイターを分けている企業も存在します。
明確に定義されていないとはいえ、Web業界に携わるものとしては互いの相違点を認識する必要があります。違いが曖昧なまま、web関連のお仕事に勤めている方もいらっしゃると思いますので、再確認という意味を込め、改めて把握しておきましょう。

Webデザイナー

Webページのデザインやコーティングなど、見た目を手掛ける人を「Webデザイナー」といいます。
イメージやコンセプトに合わせてデザインを行うため、立体的な構成や情報収集能力、グラフィックデザインのセンスが重視されるお仕事です。そのため「いかにユーザーの目を惹きつけられるか」がWebデザイナーの腕の見せどころといえます。
コーティングに関しては、HTMLとCSSを組み合わせ、作成したデザインカンプをブラウザ上で再現するための知識と技術が必要になります。

未経験からWebデザイナーの道を目指したいのであれば、まず作品のオリジナル性が求められます。デザインやプログラミングの知識は簡単に身につくものではなく、また習得期間に個人差があり、基礎固めの勉強と制作の試行錯誤を繰り返していく内に、創造性が養われて次第にスキルが身につきます。
短期で成果を求めるようでは焦りが生じてしまい、途中で挫折することにもなりかねませんので、長期戦になることを覚悟しつつ、自分のペースを守りながら就職活動に励むことをおすすめします。

Webクリエイター

Webサイトやコンテンツ制作に関する作業全般を手掛ける人を「Webクリエイター」といいます。Webデザインやコーティングをはじめ、マークアップ、フロントエンドなど様々な専門知識が必要で、クライアントの要望に合わせて制作を進めていきます。
Webクリエイターには、Webデザイナーの仕事内容も含まれています。そのため、WebクリエイターとはWeb制作に関する職種の総称といえるのです。

他社サイトとの差別化を図るためにも、専門的なスキルを取得したWebクリエイターの需要は高まっており、企業にとっては即戦力となる人材です。
1つのスキルに精通するのも素晴らしいことですが、現在のWeb業界で分業化されているそれぞれの業務の境目は薄くなると予想されていて、既にその傾向にあります。そのため、広い知識とスキルを兼ね備えたWebクリエイターの活躍が期待されています。

「ジョブステージ」ではデザイナー・クリエイターの為の転職求人情報を多数掲載しております。
WebデザイナーやWebクリエイター、グラフィックデザイナーなど、様々な職種のお仕事情報を毎日更新しておりますので、Web業界やデザイン業界への就職・転職をご検討中の方にはおすすめです。未経験者歓迎の求人広告も掲載中なので、卒業間近の学生さんやWeb業界のお仕事に興味がある方は、採用活動に是非お役立て下さい。