a.m. と p.m. の正しい表記と組み方は?


「a.m.」と「p.m.」の組版の基本

日本語のデザインでも、英語を使用したデザインでも、店舗・ショップに関するデザインでは営業時間の文字組を行う仕事がよくあります。ショップカードやサインデザイン等、様々な媒体でデザインする機会があります。その時に気になるのが午前、午後を意味する「a.m.」「p.m.」の正しい表記と組み方です。日本語でデザインする際は「午前12時〜」とか「午後三時迄」というように、時間の前に「午前」「午後」を使用しますが、英語の場合は逆になり「数字」の後ろに表記します。具体例を交えながら正しい表記方法と組み方のサンプルを紹介致します。

「a.m.」と「p.m.」の組版

英語での正しい表記方法

文字を組む前に時間の英語による正しい表記の仕方を理解しましょう。日本では夜の7時は、「19時」又は「午後7時」と表記しますが、英語では24時間制では表記せず、12時間で表記し「a.m.」「p.m.」を交えて表記していきます。ちなみに英語で、夜の7時は「7 : 00 p.m.」と表記します。

「午前12時」つまり「深夜の12時」は、「0時」と日本では表現する事もありますが、英語では「12 : 00 a.m.」と表記します。日本人の感覚でいうと深夜は0時からスタートし、1時、2時と順に考えていきますが、英語では12時から始まり「1時」「2時」とカウントしていきます。この感覚が日本と異なるのでしっかり理解しておいて下さい。アナログの時計板を見るとよく理解できます。

英語の表記方法の具体例

英語での午前、午後の具体的な表記方法です。考え方は12時からスタートして次に「1時」「2時」「3時」. . .とカウントしていきます。午前を意味する「a.m.」、午後を意味する「p.m.」は時刻の後ろに表記します。

午前12時の英語での表記方法
12 : 00 a.m.
午後3時の英語での表記方法
3 : 00 p.m.

大文字・小文字の区別とは?

ここで気になってくるのが「大文字」で表記する事は正しいかどうかです。字面を見て、午前を「A.M.」と表記し文字組をしデザインした場合は?というと、大文字で問題ありません。又、今の時代はネイティブの方は、後ろに「.(ピリオド)」を付けない表記も行いますので、付けなくても表記としては間違っていません。正しい表記としては「a.m.」「p.m.」がオーソドックスな表記方法となっています。

時刻の表記の際のピリオドの役割とは?

午前・午後を意味する「a.m.」「p.m.」は元はラテン語からきていて、ラテン語で午前は「ante meridiem」、午後は「post meridiem」と表記していました。それが生活の中で次第に省略させるようになり「a.m.」「p.m.」と表記されるようになりました。「.(ピリオド)」は英語では「省略」を意味する際にも用いられますので、基本的には「.」(ピリオド)をつけて表記しています。デザインとは関係ありませんが、英語の基本的なルールですのでデザイナーさんも知っておいて損はしない知識です。

デザインする際に、時刻の表記のバリエーション

午前・午後の英語での表記は「a.m.」「p.m.」が一番オーソドックスな表記方法ですが、下記のように大文字にしたり「.」(ピリオド)を省略しても表記としては問題無いです。「午前」「午後」全てのバリエーションを紹介します。スモールキャップでの表記も可能です。

午前(a.m.)のバリエーション

  • AM
  • A.M.
  • a.m.
  • am

午後(p.m.)のバリエーション

  • PM
  • P.M.
  • p.m.
  • pm

「a.m.」と「p.m.」の正しい組み方とは?

※書体は「Helvetica Neue Regular」

基本的には上記の「バリエーション」の項目で紹介したように、大文字・ピリオドは自由に表記して問題ありませんが、必ず時刻の後ろに「a.m.」と「p.m.」を表記して組んでいって下さい。昔は「時刻」の後ろに「半角スペース」を入れ「a.m.」「p.m.」のいずれかを表記し文字を組んで行きましたが、現在は「半角スペース」も省略して文字を組むデザイナーも多くなっています。