CGデザイナーの仕事内容


CGデザインの主な仕事内容とは?

CGデザイナーの仕事内容は、主に業界専用のCG作成専門ソフトを使用し、2D・3DのCG制作を始めとしアニメーションなどの動きがあるものまで手掛けます。又、広告や映画だけでなく、建築や車、ゲーム・アニメーションなど、CGが様々な業界の仕事の中で利用される事が普及したので、業界をまたいで仕事を行えます。

CGとは?

CGとは、コンピューターグラフィックスの略称で、映像・印刷・WEB・映画・TV等、様々なメディアのフォーマットに合わせて使用されているコンピューターによって制作したグラフィックや映像の事を意味します。2D(平面的)のCGから、3D(立体的)、又、映像まで自由にグラフィックをコントロールできる技術となります。3Dデータを作成し、アニメーション・映像データとして書き出したり、データは3Dで制作し、最終的なアウトプットは2Dの一枚絵というような自由な表現ができる手法です。

仕事の特徴

CG制作時に使用する専門ソフトの進化や変化のスピードが早い為、常に学ぶ姿勢が求められる業界でもあります。またソフトでデータを作成するだけでなく、絵のセンスや技術も求められる、とてもやりがいのある仕事です。また業界も幅広い企業で就職できるのでとても人気のある職業の一つです。

CGデザイナーが活躍できる業界は?

CGデザイナーが活躍できる業界は幅広く多岐に渡り、就職活動も行いやすい職種の一つです。業界未経験者の方は専門性も求められますので、どの業界で仕事をしたいか考えて慎重に転職活動を行うのがポイントです。

  • 広告業界
  • 映像・放送・映画業界
  • 建築業界
  • ゲーム業界
  • 漫画・アニメ業界
  • WEB・インターネット業界
  • パチンコ等エンターテイメント業界

仕事に必要なスキルとは?

CGは紙に書いたデッサンから、MAC・PCを使用して実際のデジタルデータを制作します。仕事の場合はアプリケーションソフトのスキルが必ず求められます。最低限は下記のスキルを習得してから転職活動を行って下さい。

  1. Adobe Photoshop・Illustrator
  2. Adobe Premiere・After Effects
  3. Autodesk Maya・3ds Max

Adobe Photoshop・Illustratorの基本的スキル

CGデザインでは主にテクスチャの制作に使われるアプリケーションソフトです。基本的なアプリケーションソフトになりますので必ずスキルを習得して下さい。

Adobe Premiere・After Effectsの基本的スキル

映像編集に「Adobe Premiere」、デジタル映像合成エフェクトの編集作業に「Adobe After Effects」を使用します。こちらも必ず基本的なスキルは習得して下さい。

Autodesk Maya・3ds Maxの基本的スキル

3DCGアニメーション制作に使用される、業界では主流となっているアプリケーションソフトです。アメリカ ハリウッドをはじめとする映像の制作現場で使用されている業界標準のプロ向けのソフトです。