グラフィックデザイナーとイラストレーターの境界線

グラフィックデザイナーとイラストレーターは基本的には全く異なる職種ですが、現在はグラフィックデザイナーとしても、イラストレーターとしても、仕事を任せられる場合があり、両方のスキルが高い方はデザイン事務所や制作会社から重宝されて高待遇を受けている場合も多くなっています。 デザイン・イラストレーション兼任の背景 兼任の背景にはコンピューターが普及し、MAC(Illustrator・InDesign・Photoshop)でデザイン...

採用試験時グラフィックデザイナーとして歓迎されるスキル・経験とは?

現役のグラフィックデザイナーさんも、業界未経験の方で転職活動を行っている方で、思うように内定を勝ち取れない方は、他に自分の長所をアピールする方法を見直してみて下さい。グラフィックデザイナーへ転職活動を行う際は、ライバルの転職活動者も同じようにPhotoshop・Illustrator・InDesign等のスキルは持っています。同じような自己PRではライバル達に負ける可能性が高まります。ライバルとの差別化の為、企業や採用担当者が、グラ...

グラフィックデザイナーとアートディレクターの違い

ここではアートディレクターとグラフィックデザイナーの違いを見て行きましょう。デザイナー未経験者の方は是非、業界の一般的な役割の違いや関係性を知る必要があります。特に、年収を上げたいグラフィックデザイナーの方は、アートディレクターへ転向する事を目標にして下さい。年収を上げるにはデザイナーからディレクターのポジションへ移行する事で給与や仕事の上での与えられる責任の範囲が上がりますので、さらに、やりがいを感じながら働く事ができるかもし...

グラフィックデザイナーの悩みとは?

業界の特色でもある残業時間・拘束時間が長い。土日出勤・徹夜も当然のようにある会社もある。等々、厳しい労働環境・条件で働いているグラフィックデザイナーの方も大勢います。でもそれを越える「やりがい」「喜び」があるからこそ、グラフィックデザイナーの仕事が好きな方もいます。未経験者の方は、一般的なグラフィックデザイナーの悩みを理解して、本当に自分がグラフィックデザイナーに転職していいのか考えてみて下さい。 悩みは尽きない体力・強い気持...

グラフィックデザイナーの年収

会社員・フリーランスで異なるのがグラフィックデザイナー グラフィックデザイナーの年収は勤務時間・拘束時間が長い割には低いと言われているのが業界のスタンダードです。それでもデザインが好きだから・楽しいからといった、お金以外の満足度が高い職業でもあります。年収だけにフォーカスして見ると、「会社員」「フリーランス」によって大きく差がでるのが現状です。 会社員の年収 グラフィックデザイナーとして会社に勤めている方は、年収は250万...

グラフィックデザイナーとDTPオペレーターの違い

将来グラフィックデザイナーとして働きたい方は、最初はアルバイトやインターン等でアシスタントとしてデザイン事務所・制作会社で働くのも一つの道ですが、オペレーター職として勤務する事もお勧めです。未経験者の方がいきなりデザイナー職に就く事は難しいのでまずは現場の勉強の意味でDTPオペレーターの道も検討してみて下さい。特にDTPオペレーターはAdobe InDesignの知識とスキルが習得できますので将来グラフィックデザイナーへ転職する際に...

グラフィックデザイナーとして必要なスキル

業界未経験者の方が、グラフィックデザイナーの採用試験の際、美術系の大学や専門学校・スクール・独学等でグラフィックデザインの知識と技術を習得していることが必要です。ここでは、未経験者の方が転職活動の際に採用担当者や面接官から最低限「求められるスキル・知識」を見て行きましょう。 未経験者の方が転職の際に「求められるスキル・知識」 業界未経験者の方はアシスタントデザイナーとして転職される場合も多いですが、アシスタントでも下記の知識...

グラフィックデザイナーの面接の注意点は?

面接の最初は自己紹介が終わったら、提出した履歴書・職務経歴書をもとに、面接官が気になった所を質問してきます。特に未経験者の方は何故グラフィックデザイナーを志望したのか、志望動機を質問される事が多いので、そのつもりで質問に対する回答を用意しておいて下さい。面接の流れやルールは大まかな共通項はありますが、各企業の面接官によって様々です。雰囲気や質問の仕方も同じ会社は無いといっていいでしょう。 注意すべき面接の流れ グラフィックデ...

グラフィックデザイナーの就職先とは?

グラフィックデザイナーの活躍の場は幅広い業界で就職できます。ここではどのような企業や業界でグラフィックデザインの仕事に携われるかを紹介します。グラフィックデザイナーとして求められる経験や知識は各業界や活躍する会社によって異なりますのでキャリアプランを見据えてどの業界・分野で勤務するか参考にして下さい。 主な就職先・活躍できる会社とは? ここでは以下7つの主な就職先を紹介していきます。 デザイン事務所 広告代理店 ...

グラフィックデザイナーの転職動向と傾向

グラフィックデザイン業界では終身雇用というよりは、転職を繰り返して、昇給・昇進を実現するグラフィックデザイナーの方が多い傾向にあります。一般企業と異なり、勤続年数が評価の大きな対象とは言い切る事は難しく、キャリアプランを見据えた、転職なら評価が下がることはありません。ここでは主な転職動向を紹介いたします。 グラフィックデザイナーから転職する主な動向と傾向 昇進・昇給を見据えた転職。デザイナーからディレクターへより責任の範囲を...

グラフィックデザイナーに必要な資格

グラフィックデザイナーは資格や免許が必要ない職業です。何よりもポートフォリオによる過去の制作物による実績が重要視されます。美大・芸大・美術系専門学校卒業の方は学校である程度の知識とスキルを身につけていますので、資格を保有していなくても転職活動時、学歴と在学中に作成したポートフォリオが就職活動の際に評価される事となります。業界未経験者で美大・芸大・美術系専門学校を卒業されていない方は下記の資格を参考にして下さい。 未経験者がグラ...

グラフィックデザイナーに適している人の特徴

みなさんはご自身がグラフィックデザイナー職に向いているかどうか、デザイナーとして適正があるかどうか考えたことはありますか?今回の記事ではグラフィックデザイナーに適した人の特徴を紹介しますので、ご自身にグラフィックデザイナー職の適性があるかどうか考えてみましょう。就職、転職活動の際にもきっと役に立ちますよ! 「どんな人がグラフィックデザイナーに向いているのか?」 「グラフィックデザイナーの素養とは?」 あ...

グラフィックデザイナーの仕事の魅力

グラフィックデザインの仕事は、時間をかけ、試行錯誤を繰り返し、デザインを完成させて行く中に魅力ややりがいを感じられる部分が大きくあります。決して楽して合理的に仕事を行うだけでなく、ものを作る工程にある苦労や自身のスキルの成長等、実際のデザイン作業・業務の中で以下の魅力があるといわれています。 仕事の魅力・やりがい プロとしてのスキルを身につけられる 担当したデザインが実際、世の中に流通する瞬間 担当したデザインの...

グラフィックデザイナーの仕事内容

グラフィックデザイナーの仕事内容は、グラフィックデザインのみならず最近の業務内容は多岐にわたります。グラフィックデザイナーは広義の意味で使用されていますが、基本的には主に印刷物を中心としてデザインをする職業を意味します。各分野・カテゴリによって担当する業務や求められる知識・経験が異なります。デザイン事務所、制作会社、広告代理店やメーカー等の企業のデザイン部・宣伝部・広報部などのインハウスのデザイナーとして勤務することになります。 ...

未経験からグラフィックデザイナーになるには?

将来の仕事風景

未経験からグラフィックデザイナーへ転職・就職する為には美大・芸大・美術系専門学校やスクールに通って基本的な知識やスキルを習得してから転職・就職活動を行って下さい。独学でも構いませんが効率的なのはやはり専門的な学校へ通うのが近道です。授業料のコストを抑えたい方、独学を希望の方は、ハローワークの「公共職業訓練制度」を利用し、無料で職業訓練校で講義を受講するのもお勧めです。 美大・芸大・美術系専門学校やスクールへ通う 何よりも...